› 金沢大学文芸部のブログ

2019年04月20日

『閲覧注意』 4月19日のリレー小説?

 心の準備はよろしいですか? 私は大勢の目があるところで読んでしまってどんな顔をすればよいのか分からなくなりました。
 一つ言わせてもらうと、私のせいではないです……。


 ↓以下、リレー小説本文

  続きを読む

Posted by 金沢大学文芸部 at 01:06Comments(0)

2019年04月20日

4月12日のリレー小説

 紙コップに静脈血が満たされた。おそらくB型である。一つ訂正させてもらうが、俺は断じて吸血鬼などではない。
 もしも銀の弾をうちこまれたり、胸をくいでつらぬかれたりすると死ぬっていう点においては共通している。
 生活リズムが夜型なだけだ。
 昼夜が逆転しかけた生活――それは僕の職業に起因している。
 カエル散布員の夜は収穫から始まる。ビニールハウスの中、黒いシートを被った土から顔をのぞかせているカエルたちを収穫するのだ。
 収穫されたカエルを絞り、紙コップに溜まった液体を、依頼を受けた家の玄関先に散布する。それが僕の仕事だ。人間とはたいてい、自分の嫌いな奴の家にカエル汁をまきたくなるらしい。しかし、今日向かう家は依頼があって行くのではない。
 くそっ、「ずっと一緒にいようね♡」って言ってたじゃねぇか。付き合ってまだ半年なのに、もう浮気かよ。
 僕はいつも以上に大量のカエル汁をバケツにため、彼女の家へと向かった。

                       後編に続く


中の人の個人的なコメント
 続編はどこですか。そしてカエル散布員にはどうやったらなれますか。
 個人的にシュールで結構好きです。


ここを訪れた方で感想があったらコメント欄に書いてください。私が喜びます。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 00:52Comments(0)

2019年04月14日

4月12日の活動報告、ならびに今後の予定について

どうもこんにちは。金沢大学文芸部です。今後とも積極的に名乗っていきます、多分。
本日の記事は大体タイトル通りです。12日にあったこと、+今後の予定についてしゃべって(書いて)いきます。

まず始めに、

見学に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!

昨年度と比べてたくさんの方が来てくださいました! 本当にありがとうございます。昨年度はやはり私の力量不足だったんですかねぇ……。ちょとへこみます。まあ、そんなことはさておき、なかなかの人数が来てくださいました。数人入ってくださった方もいたので本当にありがたいです。
なんかもう見学・説明会が終わり切ったような書き方になってますが、19日、26日に見学会があるので、是非とも来てください。そしてもう一つ、ゲリラ的に決まったことなんですが(ゲリラ的とは……)、4月15日にも活動を行うことにしました! 文芸部は割と緩いサークルなので言ってもらえれば臨機応変に活動日時を変えていく、かもしれません。まあ、そんな感じです、多分。

12日に行った活動内容は一行リレー小説です。小説を書いたことが無い方向けの簡単な創作活動となっております。一行書いて後は後ろの人に丸投げすれば大丈夫、という感じの活動です。まあ、あれです、連帯責任というやつで、面白くなくても誰かのせいに出来ますし、全員のせいなのでハードルは低いと思います。あとで一つ載せておくので暇があったら読んでやって下さい。


はい! 次の話題!
金沢文学フリマに参加します!

拍手! わー、パチパチパチ。……告知するのおせーよ、と思った方、私もそう思います。なんか「う-10」というど真ん中辺りにいるらしいです。販売するのは『焔』の……何号か前辺りから新しいやつまでです。多分4種類くらい持ってくんじゃないかな。新しいやつはこれです。何気に初お披露目? 


文学が好きな方が思い思いに本を作り、販売する、というイベントなので興味のある方はぜひ来てください。


はい、相変わらずフワッとした記事になっておりますが、あまり頭で考えず、感覚で捉えてください。Don't think, feel! ってやつです。多分。
とりあえず、今回はこの辺で。
ではでは。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 20:40Comments(0)

2019年04月04日

四月の活動について

こんにちは。金沢大学文芸部です。
名乗らないと認識してもらえないので全力で名乗ります。

金沢大学文芸部です!!!

よし! ……一体何が『よし!』なのか。


茶番はここらあたりで。
ビラを貰った方は把握していると思いますが、文芸部の見学、説明会は毎週金曜日の16:30~になります。より詳しく言うと、12日、19日、26日ですね。どんな活動をしているかは、今までの活動記録をご参照ください。夏から更新されてませんが……。
まあ、なんとなく分かると思います。分からなかった貴方は是非とも見学に来て確かめてください。分かった貴方は見学に来て答え合わせをしてみてください。

とにかく見学に来てください! お願いします!

あと言わなきゃいけなかったことってなんだっけ……。
……ビラ! ビラ配ってます! 多分、見た方は来てください。

ちょっとドタバタしてますが、今日はこのあたりで。
また、いろいろ更新すると思いますが、その時また見てください。Twitterでお知らせします。


最後に、新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。どのサークルに入っても皆さんの大学生活が楽しいものになることを願ってます。
ではでは。
  

Posted by 金沢大学文芸部 at 09:55Comments(0)

2018年07月23日

文芸部部誌『轟』を図書館に置いてもらいました

 お久しぶりなんですな。金沢大学文芸部なんですな。
 本日は文芸部部誌『轟』の完成と、その配布について報告したいんですな。
 前回に少し報告していたように、文芸部は新たな試みとして小冊子制作を始めたんですな。今回のテーマはホラー・怪談。各自で制作を頑張ったんですな。その後、印刷等という作業を繰り返し、部誌完成、中央図書館に置いてもらうことになったんですな。
 ホラー・怪談とは、という哲学的な問いに悩み、普段書かないようなジャンルに苦戦しながらも、皆頑張って書き上げてきたので、できれば手に取って一読してもらえれば、と思うんですな。あとアンケートにも答えてほしいんですな。




 まあ、今回はこんなところで失礼するんですな。七月はバタバタしてしまっていて、活動報告や活動日時を伝えることが難しくなってしまったので、そこについてはとても申し訳なく思ってるんですな。夏休みの予定はまだ未定ですが、10月も同じようにバタバタする可能性が高くなるので、もしかしたら、ブログの更新頻度もさらに落ちるかもしれないんですな……。出来る限り頑張ってみるので、よろしくお願いします、なんですな。

 それでは、今回はこの辺で。では。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 12:00Comments(0)

2018年06月26日

25日の活動報告

 はい、こんにちは。金沢大学文芸部です。
 暑いですな。金沢の夏は蒸し暑いと聞いたことがありますが、中の人は石川出身なのでよく分からないんですな。まあ、のんびりと活動報告をしていくんですな。といっても今回はそれほど報告するようなことはないような気が……ですな。

 今回はザックリ言うと、七月に出す予定の小冊子の話し合いをしたんですな。部数やページ数、表紙や構成について、意見を出し合ったんですな。まだまだ話し合いが必要な感じですが、文芸部としての活動の幅を広げるために頑張りたいんですな。
 あと行ったことと言えば、合評ですな。簡単に言うと作品について批評や感想を言い合うことですな。小冊子を作るうえでは大切なことなんですな。

 25日の活動は大体こんな感じだったんですな。七月は2日、3日に合評を行って、後は不定期に製本作業に入るので、活動日はいつ、とはっきり言えないんですな……。申し訳ない。その分、小冊子制作を頑張るんですな。
 今回はこの辺で。さっきからついてる妙な語尾は、打ち間違えたものに中の人がツボってしまったからなんですな。止めた方がいいという意見があったらやめるんですな。

 ではでは、また次の報告で会いましょう。ですな。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 13:05Comments(0)

2018年06月13日

表グラフ   題名『夏の図書館』 場所「動物園」 季節「梅雨」

  夏の図書館

 傘をさす。
 この国はこの時期になると、必ず梅雨が来る。雨は強くないが、傘を差さないと、全身が必ず濡れてしまう。
 少年が歩く。
 ケージに近づく。象は長い鼻を伸ばして、エサを取った。少年は無言のまま見てる。
 次の瞬間、象は背中の翼で空に飛んでいく。
 少年は困惑した。そして、目を開いて、静かな図書館で、手元のノートに夢を描いていく。

    〈了〉  

Posted by 金沢大学文芸部 at 12:00Comments(0)作品紹介

2018年06月13日

三題噺2 〈黄色、雷、ホットドッグ〉

 闇夜をきりさくような光と、大地を揺らす轟音。ビリビリと部屋まで揺らす雷に、思わず耳を塞ぎ、その場に縮こまった。
 雷は昔から嫌いだ。体の芯から揺らすような音も、視界を奪う強烈な光も、何もかも。
 ドオンッとまた、近場に雷が落ちた音がする。早く、早く止んでくれ。そう願うのに、雨足も風の音もどんどん強く、大きくなるばかり。
 いつになったら終わるのだろう。たびたび鳴る雷におびえながら、かるく絶望を覚えたその時だった。ピンポーン、と軽やかに、しかし今の状態には合わないインターホンの音が響いた。
 誰か来たからには出なければいけない。しかし今はそんな状態ではない。どうすべきか悩んでいると、またピンポーンとインターホンが鳴った。
 仕方なく、ふるえる手足に力を込めて立ち上がり玄関へと向かった。
「はーい……」  続きを読む

Posted by 金沢大学文芸部 at 12:00Comments(0)作品紹介

2018年06月13日

三題噺1 お題〈黄色、雷、ホットドッグ〉

 インスタント シスターズ

 ホットドッグというものには概して2つのソースによって成り立つ。それは皆さんも御存じの通り、ケチャップとマスタードである。という訳で、中学生の私が編み出したダンスユニット名は「Hot Dogs」。相方の好きな色は赤だと信じ、「けちゃみ」と命名。私? よく聞いてくれた。私は「マスター」、イメージカラーは黄色。声と振り付けの大きさは誰にも負けない。ううん、私とけちゃみなら、どんなステージだって一番になれる。
「ね、けちゃみ!」
「明美だって言ってるでしょ。まな」
 教室の片隅で私の話をうんざりした目で見てくる明美……じゃなかった、けちゃみ。
「アンタ、中学生のくせに高校生と組むとか正気?」  続きを読む

Posted by 金沢大学文芸部 at 12:00Comments(0)作品紹介

2018年06月13日

6月12日の活動報告

 はい、こんにちは。金沢大学文芸部です。12日の活動が無事終わったので活動報告にきました。
 活動内容は三題噺と、……表グラフとでも言っておきましょうか? まあ、とりあえず、その二つを行いました。表グラフは三題噺と似た感じの活動なんですが、誰かいい名前を付けてやってください。

 三題噺については特に説明することはないと思うのですが、一応さらっと紹介だけ。簡単に言えば、お題を三つ決めて、それらに絡んだ話を書く、という活動です。もともとは落語の一つらしいのですが、よく文芸部などで活動の一環として行われています。多分。……文芸部の皆、やってるよね? やってるよね! よし。
 今回の三題噺のお題は『黄色、雷、ホットドッグ』です。この関連性がありそうでなさそうな三つの言葉を入れて話を書きます。なかなか面白い作品ができたので、ぜひ読んでやってください。いつも通り、票が多かった作品をアップします(再び二作、最近同票が多いんです)。

 続いて、表グラフ(誰かいい名前付けてやってください)の紹介行きます。
 まず、作品には色々な要素があります。例えば、題名、登場人物、テーマ、場所、などなどなどエトセトラ。そして参加者がそれぞれ、その要素について考えます。とりあえず、題名にスポットを当ててみましょう。Aさんが考えた題名『本の中の夢』、Bさんが考えた題名『トラックが空を飛ぶ』、Cさんが考えた題名『海底に沈んだ星』があったとします。その後くじを引いて、Bさんが出た場合、『トラックが空を飛ぶ』という題名で参加者が全員書くことになります。
 まあ、そんな感じです。よく分からなかったという方はぜひ文芸部に。やれば分かります。これはですね、文芸部員にたまにいる、人の名前を覚えられない人が、名前を覚えやすくするために編み出されました。ちなみに部長も、人の名前を覚えるのは苦手です。
 そして、今回のお題は、題名『夏の図書館』、場所『動物園』、季節『梅雨』。……うん、事故。図書館なんですか、動物園なんですか。夏なんですか、梅雨なんですか。分かりません! そして行数、10行以内。文字数200字。少ないわ!
 そんなこんなで、一応作品ができました。皆頑張ったよ、お疲れ様……。上記の通り、票が多かったものをアップします。

 よし、結構書けたので、中の人は満足です。
 最近、台風や梅雨前線などで雨が多くなってきましたが、頑張っていきましょう。中の人は眠いです。
 はい、最後くらいはまともなことを。電車の中から見た紫陽花が綺麗だったので、時間ができたら見に行きたいな、と思う今日この頃です。最近は品種改良なんかが進んで(よくわからないけど)、綺麗なものが多いので、紫陽花を見るのもいいと思います。
 
 今回はこの辺で、またお会いしましょう。ではでは。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 12:00Comments(0)