› 金沢大学文芸部のブログ

2015年04月05日

桐箱入りの梨  仮名石洋平

 今ほど便利じゃない、ちょっと昔の話。小さな池と段々畑、古いお寺に田んぼがある小さな農村の仲良し三人のお話。  続きを読む


Posted by 金沢大学文芸部 at 10:07Comments(0)作品紹介

2015年04月03日

四月初めの活動日について

六日、十日、十三日の放課後の部室に部長か掃除係がいるようにしとこう。まるで部員が二人しかいないようであるが、違う。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 23:46Comments(0)

2015年04月02日

今日の活動

酔っ払った状態で家から大学まで歩く。ビラを配る。部室の掃除をする。大学から家まで歩いて帰る。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 20:14Comments(0)活動履歴

2015年03月29日

焔60号完成

驚きの薄さ!

  

Posted by 金沢大学文芸部 at 00:06Comments(0)活動履歴

2014年10月06日

短歌を詠む

部員みんなで短歌を作りました。
テーマは「再び」または「火星人」です。
出来上がった後、優秀作品を二首選びました。



 
 目が覚めて 「今日」がまた来て くれたなら 「愛している」と 言えるだろうか



 目の前の あなたはきっと 火星人 わかり合える はずがないよね




  
タグ :短歌


Posted by 金沢大学文芸部 at 22:37Comments(0)活動履歴

2014年08月05日

轟から一作品

2014年6月の轟きから、一作品を作品紹介にUPしました。
ご自由にお読みください。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 12:10Comments(0)活動履歴

2014年08月05日

春の煩雑  岬 奈未

 二年生に進級したときから、酷く閉鎖的なクラスだと感じていた。前年度のクラスや部活のグループで固まり、他のグループとの交流は浅い。十七歳という年齢にしては異質への許容範囲が狭く、自分たちの肌に合わない者はそれとなく隅に追いやろうとする。
 居心地はあまり良くなかった。ただ、同じクラスには翔子がいたから、まさかユキミに被害が及ぶことになるとは思ってもみなかった。
 自分の席に座って本を読むユキミの前には、なぜか一人のクラスメイトがいる。閉鎖的なクラスのひずみが押し寄せるかのように、矢口実桜はやって来て、さほど仲良くもないユキミに話しかけた。
「カレーを嫌いな人なんていない」
  続きを読む


Posted by 金沢大学文芸部 at 12:09Comments(0)作品紹介

2014年08月05日

焔59号を作品紹介にのせました

焔59号を作品紹介にupしました。
ご自由にお読みください。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 12:04Comments(0)活動履歴

2014年08月05日

毒になりたがった彼女  珠樹政樹


〈綺麗な花には毒がある〉

 簡単に物語を始めたいのなら、必要なのはこんなものだ。人間を――別に全世界ってわけじゃなくていいけど、とりあえず周りの人達を――2等分すること。そして、その線引きについて考えてみること。問題が肌の色になれば戦争が勃発するし、貧富の差になれば格差論が書ける。
 更にひねりが欲しいなら、その区別をまた2等分、つまり全体を4等分してやればいい。私の世界なんてそれでだいたい充分で、明るい男子と明るい女子、暗い男子と暗い女子、その4種類の人間で中学生社会はできあがり。あえて付け加えるなら、良い奴か悪い奴かって情報くらいだろう。明るくて性格悪い男子と、暗いけど心の美しい女子の組み合わせなら、まあ、それなりのロマンスはできあがる。誰が勝ち組かなんて皆知っているんだから、登場人物のバリエは8パターンあればそれでよし、みたいな。

  続きを読む


Posted by 金沢大学文芸部 at 12:00Comments(0)作品紹介

2014年08月05日

白昼無  佐久田 尚

 話し声、笑い声、足音、よくわからない叫び声。午後四時丁度、喧騒に満ちた五限直後の校舎。校庭では早くも運動部が走りまわっている。テレポーテーションでも使ったのだろう。混雑した昇降口を抜け、校舎を出ると、途端、西日が照り付ける。眩しさに僕は思わず目を細める。十月の西の空は赤く染まり、東の空にはまだ澄んだ青さが残っている。自転車置き場の人だかりを横目に見ながら校門を出る。夕日の降り注ぐ背中が暖かい。携帯とにらめっこをする女子生徒を乗せた自動車、騒がしい自転車の一団、頼もしい掛け声を響き渡らせて駆けていくラグビー部が次々に僕を追い越して行く。そんなせわしなさに負けないように僕は、いつも通りのんびり歩く。
  続きを読む


Posted by 金沢大学文芸部 at 11:13Comments(0)作品紹介