› 金沢大学文芸部のブログ › 作品紹介 › 授業中は窓の外を見てます  沖合 里歩

2014年08月05日

授業中は窓の外を見てます  沖合 里歩

精液を飲んだ後にはワインより炭酸水が飲みたくなるの

少年の鼻緒によって開かれたいつもはぴたと閉じられたそこ

初恋の人にゲイだと打ち明けて返った言葉「病的なもの!?」

あこがれるお前はどこに住んでいるあのスカートをめくってみたい

角砂糖つまんだ刹那通る君過ぎるころにはべたべたな指

2mのプレパラートを作ってくれ少年を観察するために

ワイシャツが肩の口までまくられた日焼けの腕にセミが鳴いてる

マジパンを水に溶かして飲む味は精液の味にきっと似ている

登校を見送りながら考える首を絞めたらどんな目するか

鳴り続けるケータイ眠り続ける君におうあざみ生き続ける俺

ろうそくの垂れるザクロを骸骨が食べていいかと聞いてくるので

吹き抜ける風の涼しさ打ち寄せる波の優しさ私は阿修羅

サッカリンの夜は来ようふさふさの雪のベッドに瞳閉じれば

落ちたいと願う自分が怖くって窓枠にぎり街を眺める




同じカテゴリー(作品紹介)の記事
 路上の生意気 糟谷浩平 (2015-11-10 14:32)
 桐箱入りの梨  仮名石洋平 (2015-04-05 10:07)
 春の煩雑  岬 奈未 (2014-08-05 12:09)
 毒になりたがった彼女  珠樹政樹 (2014-08-05 12:00)
 白昼無  佐久田 尚 (2014-08-05 11:13)
 一途であるということ  古城 昇 (2014-08-05 11:09)

Posted by 金沢大学文芸部 at 10:24│Comments(0)作品紹介
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。