› 金沢大学文芸部のブログ › 活動履歴

2016年03月31日

部誌『焔』61号完成

というわけでできました。目出度いことですね。ページ数100。作品数24。これが百冊。部室の机の上に聳え立っています。まあ内容も、そこそこ良いのではないのかなと多分思います。読んでないのが一つあって、また読む気も正直起きないです。しかし僕の作品はどれもまあ良いと思いますよ。欲しい方は金大祭の最も閑散とした隅っこまでわざわざ足を運ぶか、文フリでお金を出して買うか、部室から盗んでいくか、正々堂々乗り込むか、気紛れで配布しているのを受け取るかしてください。さて、もうすぐ新学期が始まるということで、新歓的なことをしなければいけないのですが、何せ新部長が人嫌いな上、元部長は未だに高校生に間違われるために人嫌いな上、やる気のある部員も特にいないという問題があります。せめてインターネット上だけでもテンションを上げたいのですが、花粉のせいで頭痛に悩まされ、液晶モニターのブルーライトのせいで頭痛に悩まされ、二日酔いの頭痛に悩まされているので、うまくいくかは大変怪しいです。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 17:58Comments(0)活動履歴

2016年02月17日

校正と編集作業

二月二十一日に『焔』を作ることが決定しているわけだが、部長のレポートの提出は二十日に迫っている。あとバイトもある。部員はとっくの昔に帰省している。雪が積もっている。当日、雨が降る。雪が全て溶けているかどうかで参加率が大きく左右されるであろう。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 21:51Comments(0)活動履歴

2015年12月21日

盛大な忘年会。という嘘。

午後四時に起きた部長はバスに乗って急いで大学図書館へ向かったが、取り寄せた資料の受け渡し可能時間は過ぎていた。雨が靴と裾を濡らしていた。今年最後の活動だというのに、集まったのは三人。忘年会をするどころでは無かったので、かつて合評し損ねた小説を読み直そうとなった。或る一年生が持ってきた「邂逅」という小説は最初読んだ時、何だかよくわからない。めんどくさいなあ。となるほどわかりにくい。そこで今回は部長の熱心な読みによって、「記憶」「思い出」をキーワードとした「自己の分裂」をプロットとした語りの小説であることが判明した。しかし語りの構造がやっとわかったところで、疲れ果てて酔っ払ってしまったので、次回は内容について話し合いたいと思った。あと部長の小説のぼんやりとした合評も行われた。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 21:59Comments(0)活動履歴

2015年12月08日

12月8日の活動

先週は七人で元部長の小説を合評して、それなりに盛り上がった。今日は将棋をした。部長が角行をただ取りして勝った。あと合評して大変良い改善策を思いついたので、書き加えて研究室の冊子にでも掲載するだろう。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 01:46Comments(0)活動履歴

2015年11月10日

11月9日の活動の追加

四作も合評っぽいことをしたので一作くらい載せとこうということで  

Posted by 金沢大学文芸部 at 14:39Comments(0)活動履歴

2015年11月09日

11月9日の活動

雨だった。雨だったのに活動した。参加者は五人くらいいた。帰りにとても濡れた。手がしわしわになった。嫌だなあと思った。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 21:06Comments(0)活動履歴

2015年11月04日

何を祭ろうか迷うほど

 今年もこのような感じの季節が来たかあ、と漠然とした感覚でいたら、あかんよね。金大祭らしいし。というわけで金大祭の季節がやって来て、去って行きました。いや、楽しかったですね。どうでしたでしょうか。とても楽しかったでしょう。僕は楽しすぎてブログの存在を忘れていましたよ。なんか、すごい楽しい企画とかあったし。講演とかね。たくさんの人が集って楽しい時間を過ごしたんじゃないの。いろんな店みたいなのも出てたし。非常にみんな張り切ってましたよね。ほんと。ええ。テンションがすごかったです。テンションアゲアゲでしたよね。マジで。マジアゲアゲだったわーって思う。
 さて、金沢大学生がテンションアゲアゲ、天気は土砂降りだった頃、文芸部は何をしていただろうか。話は前日の朝に遡る。いわゆるハロウィンの日の朝、文芸部掃除係唯一の掃除係、掃除係は無駄に早起きをしていた。朝の早よから創作活動に勤しむためである。彼の日常は創作活動に始まり創作活動に終わる。かと言って小説を書いていたというわけではない。この男はエゴレゴラーとして他の部員数名に疎ましがられている節があることを自覚しつつ生きる心の強い青年であった。熱いコーヒーを片手に、前日の深夜に作ったレゴ作品を眺めつつ、改良点を探していたのだった。その後数時間を普通に過ごした掃除係は大学へ向かった。空は曇り、今にも雨が降りそうだった。降ったら行かないでもいいかな。とさえ思った。
 しかし残念ながら雨は降らなかった。掃除係はさっさと自分の仕事を終わらせるために出発した。薄っぺらい部誌50冊を運搬するためである。という仕事はあっさり終わった。彼は全てを終えた充実感に震えた。寒いし。帰ってきてから雨が降り出した。豪雨だった。
 というわけで文芸部はそういうことをしていたのだった。本当に、貴重な経験になったと思う。と掃除係は思った。このように楽しい金大祭、もうとっくの前に終わってしまったけれども、来年もあると思うので、ぜひ、行きたいと思いますよ。晴れたら行きたいと思いますよ。撤収めんどくさ。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 00:50Comments(0)活動履歴

2015年10月27日

10月26日の活動

寒かった。徹夜した上寒かった。目が赤かった。といった過酷なコンディションの中行われた合評は、五人によって行われ、大した成果をもたらさなかった。むしろ他のくだらない話に割く時間の方が多かった。レゴラーは相変わらずレゴを自慢するし、一年生の不幸な男は不幸だし、部長はよく喋った。次回の活動は他人の挫折したクソみたいな作品を適当に完成させてあげようという心優しい企画である。来週は木曜が月曜振替だけどもシカトする。今後暇だったら、合評して盛り上がらなかった小説をブログに載せて仮構の充実感を演出しようと思う。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 12:30Comments(0)活動履歴

2015年10月19日

10月19日の活動

二度目の活動にして参加者が四人になった。早くもお決まりのパターンになった。おかげでやる気は重いバッグも相まって露骨に減少した。苦労して印刷してきた小説のいくつかを合評したが、来週も同じようなことをするだろう。つまらん事この上ないと思う人も続出するに違いない。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 21:09Comments(0)活動履歴

2015年10月06日

10月5日の活動

活動日が月曜日になってしまい、金大祭の準備でいつも以上に五月蝿いサークル棟においてストレスを溜めながら掃除係小説の合評を行ったので、楽しかったです。  

Posted by 金沢大学文芸部 at 13:48Comments(0)活動履歴